見直しの際に見るポイント

保険を見直す際に注目したいポイントは、種類です。種類によってはいくら良い保険であったとしても、家族や自分の必要とする保険内容ではないこともあるからです。例えば、生命保険の場合、自分お老後のために加入したいなら死亡保険ではなく終身保険が必要ですし、子供が生まれたら死亡保険や学資保険など、さらに内容を充実させたい保険の種類も変わってくるでしょう。

さらに受取人が誰になっているのかも念のため確認しておきましょう。受取人には基本的に誰を指定しても良いことになっています。もし受取人を配偶者と設定しておくと税制上の大きなメリットがありますので、少なくとも法定相続人に配偶者を設定しておく方が良いでしょう。

さらに保証金額も見直しましょう。あまりにも高く設定してしまうと毎月の保険料の負担が大きくなり、通常の生活に支障が出てしまう可能性があります。収入に見合った保険を組むことも適切な保険内容としては欠かせない要素です。全体のバランスを定期的に見直すことで自分にあったサイズの保険を選ぶことができるでしょう。また、保証期間がいつまでかも見直すとよいでしょう。更新期間が10年などと定められている保険もありますので、更新期間を都度チェックしておくことは大切です。

見直すことで月々の保険料を節約しよう

保険料を見直ししてできるだけ安くしていきたいと考えている方にとって、必要な補償に絞ることは大変重要です。保険の加入時にはいろいろと説明を受けて、どのオプションも魅力的で必要なものに思えてしまいつい不要なものも組み入れてしまっているかもしれません。そこで、基本的なもの以外の特約の内容に注目するとよいでしょう。今の状況で冷静に考えて不要と思える特約をできるだけ外すことにより、大幅に保険料金を安くすることも可能です。

また、保険の見直しのタイミングとしては、思い立ったときや、結婚や子どもが生まれたとき、また念願のマイホームを購入したときなど、人生の節目で見直すこともおすすめです。特に結婚の場合は受取人を誰にするか等また新たに話し合うこともあるでしょう。いざというときに焦らないためにも、しっかりと保険内容を把握しておくことは不可欠といえます。ファイナンシャルプランナーに無料で保険見直しの相談ができるサービスもあるので活用すると便利でしょう。

自分がどのような保険内容を望んでいるのかもしっかりと伝えることができるよう、自分や家族の希望をまとめておくとよりスムーズに相談できるでしょう。思い立ったらそのまま放置せず、しっかりと見直して整理することが保険料の節約の第一歩です。